お腹周りが変わっていく筋トレ

私は小さいころから20代後半まで、痩せ形でした。

普通のサラリーマンでした。20代の時はお酒を毎日飲んでも、沢山食べても正直今まで太ることはありませんでした。20代の後半になり若干お腹周りが気になるようになりましたが、それでも、痩せ形の私には少し脂肪がつき、逆に良くなった感じがしました。

ただ、毎日お酒を飲んだり、沢山食べていたら、30代に入ると、お腹周りがふっくらしはじめました。このままではまずいと思い、運動をすることにしました。基本的にはお腹周りをへこませるために始めました。毎日仕事から帰ってきたら、基本の腕立て、腹筋、背筋を100回して、そのあと、プラスで、色々な腹筋をします。椅子を使ったり、足を曲げながら腹筋をしたり、バランスボールを使ってお腹周りを鍛えました。

そのあとに、脂肪を燃やすために、ジョギングを30分します。ジョギングする前に、筋肉に刺激を加えて(筋トレをする)、甘いものを食べてから(菓子パン等)ジョギングすることで、脂肪が燃焼しやすい体になるため、効果的です。また、30分ジョギングするのも意味があり、乳酸素運動では、20分位の乳酸素運動では、血液のエネルギーを使い、20分以降からは脂肪を燃焼させてエネルギーとして使ってくれるため、30分ジョギングすることにしました。これをほぼ毎日することで、お腹周りの脂肪が少し取れました!また、筋トレをしているため、お腹周りに筋肉がつき、板チョコみたいな形になることができました!

最初のうちは、筋トレをして、ジョギングすると次の日には筋肉痛になりました。ただ、一週間位すると、筋肉痛にはならなくなり、逆に効果があるのか半信半疑になりましたが、二週間を過ぎると、体つきに変化が出てきます。

それから更に続けていくことで、大分お腹周りが変わりました。ただし、この程度では付け焼刃みたいなもので、辞めてしまうと、一か月もしないうちにお腹周りがまたふっくらしてしまいました。(お酒を毎日飲んだり、沢山食べたりしていました)リバウンドしないようにも、無理がなく毎日続けていくことが近道なのかもしれません。ただこの方法を一か月続けるだけで、お腹周りは変わっていきますので是非やってみてください。

SNSでもご購読できます。