若いころに比べて筋肉が衰えて痩せてしまったという方は多いのではないでしょうか。
年齢を重ねるにつれ筋肉は衰えやすくなるので、体に締りがなくなってしまうのは誰しも避けられません。

このような加齢に伴う筋力の減少は筋力トレーニングを行うことで改善が可能です。

しかしやみくもにトレーニングをすれば良いわけではなく、
より効率的に筋肉を鍛えるには、筋力トレーニングだけではなく、栄養の摂取にも気を配る必要があります。

筋肉をつけるためには、摂取カロリーが消費カロリーを上回る必要があります。
しかもただ多く食事をとるだけではなく、十分なタンパク質などの栄養素をとった上で摂取カロリーを多くとる必要があります。

しかし実際にはカロリーはともかく食事だけでタンパク質を摂取するとなると、厳密な栄養管理が必要になりますし、食費などのコスト面も気にする必要がでてきます。

このような問題に対して効果的なのが、ドラッグストア等で販売されているプロテインです。

プロテインはタンパク質を粉末状にしたもので、これを水や牛乳などに溶かして
摂取するだけで、タンパク質が簡単にとれるという優れものです。

しかしこのプロテインには種類があり、間違った種類のプロテインを摂取すると
筋力トレーニングの効果が薄れてしまいますので注意が必要です。

一般的には筋力増強するには筋力トレーニング後30分以内にタンパク質を摂取する必要がありますが
吸収率のよいプロテインを選定しないと時間内に体に栄養がいきわたらずに効果が薄れてしまいます。

そこで効果的なのが、動物性のタンパク質で作られているホエイプロテインです。
ホエイプロテインは牛乳を原料として生成されており、筋肉成分の多くを占めるアミノ酸も多く含まれているので
体への吸収率が高いだけではなく、筋修復効果も期待できます。

それとは逆に大豆が主原料であるソイプロテインと呼ばれるプロテインは、
体への吸収が遅いため、筋力増強時の摂取には向いていません。
しかしながら、減量時には体への吸収が遅いことを利用して、筋肉をおとさずに減量できるというメリットがあります。

筋力トレーニングをせっかくするのであれば、可能な限り効率的に鍛えたいと考えるのは当然かと思います。その際は目的にあったプロテインを正しく選定することで、質を高めた栄養の摂取をし、より効率的な筋力トレーニングを目指しましょう。