筋トレ

筋肉痛なのに筋トレは逆効果にも

筋トレは正しく行わないとなかなか効果を発揮しません。

筋トレの事に詳しくない人は筋肉痛であるのに筋トレをしてしまう人もいます。ですが、これは感心できません。

筋肉痛なのに筋トレはしない方がいい

トレーニングの効果を高めるためには筋肉痛が出ている箇所のトレーニングを控える方がいいです。筋肉痛が出ている段階ではまだ筋繊維の修復がしっかりとされていないからです。

筋肉痛とは筋の炎症から起きたダメージの結果、痛む事です。・筋肉痛の回復時期 筋肉痛がある状態と言うのは筋肉が元の状態には戻れていないと考えられます。ですから過剰なトレーニングを防止するためにも、休息をちゃんと取る必要があります。普通は超回復は48時間から72時間後を必要とします。

トレーニングの負荷の度合いによっても変わってきますが、筋肉痛の炎症が弱くなる時間とほぼ一致する事から、筋トレを再び始めるタイミングとして超回復の時間が目安になるでしょう。

また、トレーニングをした後にはストレッチをする事や栄養もしっかりと取る事が重要になります。

筋肉痛は可動域にも影響を与える

筋肉痛が起きるくらいに筋肉を追い込んだ時には、関節の可動域にも影響が出ます。負荷をかけて筋トレをしたら連続してトレーニングしようとしたところで普通は扱える負荷は下がっていきます。同時に可動域も狭くなっていきます。

これは体の反応としてはごく正常的です。筋トレをした後には筋肉の回復だけではなくて、可動域の回復も必要になるのです。

筋肉痛にならない事には筋肉は成長しないのか

筋肉痛になる事が無くても筋肉は成長してくれます。

筋肉痛は筋肉が成長しているわけではありません。筋肉痛は筋トレした後の一つの現象です。ですが、それだけの事で筋肉痛が無いと筋肉の成長が見込めない事はありません。筋肉トレーニングをして筋肉痛が起きない事には筋トレの意味があるのか、と不安になる人もいます。ですが、筋肉痛が起きないと筋トレの意味がないなどという事は無い事は知っておきましょう。

着圧ソックスの選び方は適度な締めつけ加減が重要

ダイエットで脚を細くしようとしても中々効果がでません。歩いたり、ジョギング等をすれば
余計筋肉が付いて太くなってしまったりしますよね。

そんな脚を細くしたい人にぴったりのアイテムがあります。

それは【着圧ソックス】です。
着圧ソックスとは脚の「むくみ」を解消するために作られたソックスです。

着圧ソックスの仕組みは、脚に適度の圧力をかけることで血流の流れを良くし、むくみを
予防、解消する効果があります。元々は医療用として使われていましたが、お手軽さから
一般でも販売されるようになりました。

着圧ソックスが脚やせにも効果がある理由は、脚のむくみを解消することにあります。
脚のむくみが原因で血流の流れが悪くなり、さらに脚の筋肉が硬直してしまい、
太く、痩せにくい脚になってしまうのです。

デスクワークや立ち仕事がメインの人は脚に負担がかかるため、慢性的にむくみが出ている
状態が多いです。脚は心臓から遠い位置にあるため、血の巡りが悪く、脚を酷使すれば
するほど、むくみやすい状態になります。

着圧ソックスはどんなシーンでも着用できるので非常に手軽です。
見た目もおしゃれなソックスが増えてきて、仕事やプライベートで履き続けても気になりません。

適度な締めつけが心地よく、しかも履くだけでむくみの予防や解消に繋がるのでダイエットが続かない等
飽きやすい人にも最適です。

着圧ソックスの選び方は適度な締めつけ加減が重要です。

締め付けが弱いと効果がありません。逆に締め付けが強すぎると血流の流れが悪くなり逆効果になります。
購入時の自分のサイズを選ぶのが難しいですが、色々試して適した圧力の着圧ソックスを探しましょう。

病院からも診断によっては弾性ソックスと呼ばれる、着圧ソックスと同じ効果のものを出してくれますが、
一般で購入するより高くなります。ですが自分のサイズに合ったものを選んでくれるので、病院から入手するのも
いいかもしれません。

着圧ソックスは日中履く用と、睡眠時に履く用とで分けるとより効果的です。

日中は脚への負担が大きいので締め付けの強いのを、睡眠時は締め付けが強すぎると効果が
薄れるので、締め付けの弱いのを履くのをおすすめします。

あるいは、日中だけ履くか、睡眠時に締め付けの強いのを履くことでも効果はあります。

24時間締め付けるより適度に脚を緩ませるのも大事です。

むくみを解消する事で脚のダイエットに繋がり、キレイな美脚に見せることが出来ます。

女性が筋トレをするときに避けてほしいこと

女性が筋トレをするときに避けたいのは、必要以上に筋肉をつけてしまうことです。

筋肉が付くと、その部分は肥大します。腕や足が太くなるということです。腕や足が太くなっても良いのなら、筋肉をたっぷりと付けても良いでしょう。しかし、スリムな体型になるために筋トレをしたいのなら、筋肉の付けすぎは避けなければなりません。必要以上に筋肉を付けないために、まず、筋トレを始める準備として痩せることです。

筋肉は身体についている贅肉が筋肉になります。よって、太っている人ほど筋肉が付きやすいということになります。あの筋肉が盛り上がるほど付いているボディービルダーは、まず、筋肉を付けるために体重を増やします。体重を増やしてから筋トレをすると、筋肉量が増え、ムキムキになることができるからです。

ボディービルダーを目指すのなら、太い筋肉が必要でしょう。よって、必要以上に筋肉を付けないために、体重は落とす必要があります。既にスリムな体型の方なら、即、筋トレを始めても良いでしょう。

しかし、少し太めな体型の方が、その体型のまま筋トレを始めてしまうと、その脂肪が筋肉となりますから、スリムな体型からは少し離れてしまうかもしれません。よって、女性らしく、スリムな体型を目指すために筋トレをする場合、少々ぽっちゃりな方は食事の改善と並行して筋トレを行ってください。

また、筋トレを始めるにあたり、いきなり激しい運動は避けてください。重い負荷をかけて腹筋をすれば、腰を傷めてしまいます。重い負荷をかけて走ると、膝を傷めかねません。軽い負荷から始め、身体と相談しながら、徐々に重い負荷をかけるようにしてください。

さらに、負荷をかけて筋トレする場合、勢いをつけて身体を動かすのは避けましょう。勢いをつけると、その反動で、身体の関節を傷めてしまいます。ケガをしてしまっては筋トレ自体ができなくなってしまいますから、負荷をかけるときは、ゆっくりとした動作をしましょう。

ゆったりとした動作でも、しっかりと負荷をかけて丁寧に行えば、筋肉もしっかりと付きます。また、筋肉の肥大を防ぐことができるので、女性らしい体型を維持しながら、しっかりと筋肉を付けることができます。そして筋トレをした後は、マッサージを忘れないようにしてください。マッサージを怠ると筋肉の疲労の回復速度が遅れ、筋肉痛となって現れることがあるからです。

お腹周りが変わっていく筋トレ

私は小さいころから20代後半まで、痩せ形でした。

普通のサラリーマンでした。20代の時はお酒を毎日飲んでも、沢山食べても正直今まで太ることはありませんでした。20代の後半になり若干お腹周りが気になるようになりましたが、それでも、痩せ形の私には少し脂肪がつき、逆に良くなった感じがしました。

ただ、毎日お酒を飲んだり、沢山食べていたら、30代に入ると、お腹周りがふっくらしはじめました。このままではまずいと思い、運動をすることにしました。基本的にはお腹周りをへこませるために始めました。毎日仕事から帰ってきたら、基本の腕立て、腹筋、背筋を100回して、そのあと、プラスで、色々な腹筋をします。椅子を使ったり、足を曲げながら腹筋をしたり、バランスボールを使ってお腹周りを鍛えました。

そのあとに、脂肪を燃やすために、ジョギングを30分します。ジョギングする前に、筋肉に刺激を加えて(筋トレをする)、甘いものを食べてから(菓子パン等)ジョギングすることで、脂肪が燃焼しやすい体になるため、効果的です。また、30分ジョギングするのも意味があり、乳酸素運動では、20分位の乳酸素運動では、血液のエネルギーを使い、20分以降からは脂肪を燃焼させてエネルギーとして使ってくれるため、30分ジョギングすることにしました。これをほぼ毎日することで、お腹周りの脂肪が少し取れました!また、筋トレをしているため、お腹周りに筋肉がつき、板チョコみたいな形になることができました!

最初のうちは、筋トレをして、ジョギングすると次の日には筋肉痛になりました。ただ、一週間位すると、筋肉痛にはならなくなり、逆に効果があるのか半信半疑になりましたが、二週間を過ぎると、体つきに変化が出てきます。

それから更に続けていくことで、大分お腹周りが変わりました。ただし、この程度では付け焼刃みたいなもので、辞めてしまうと、一か月もしないうちにお腹周りがまたふっくらしてしまいました。(お酒を毎日飲んだり、沢山食べたりしていました)リバウンドしないようにも、無理がなく毎日続けていくことが近道なのかもしれません。ただこの方法を一か月続けるだけで、お腹周りは変わっていきますので是非やってみてください。