筋肉痛なのに筋トレは逆効果にも

筋トレは正しく行わないとなかなか効果を発揮しません。

筋トレの事に詳しくない人は筋肉痛であるのに筋トレをしてしまう人もいます。ですが、これは感心できません。

筋肉痛なのに筋トレはしない方がいい

トレーニングの効果を高めるためには筋肉痛が出ている箇所のトレーニングを控える方がいいです。筋肉痛が出ている段階ではまだ筋繊維の修復がしっかりとされていないからです。

筋肉痛とは筋の炎症から起きたダメージの結果、痛む事です。・筋肉痛の回復時期 筋肉痛がある状態と言うのは筋肉が元の状態には戻れていないと考えられます。ですから過剰なトレーニングを防止するためにも、休息をちゃんと取る必要があります。普通は超回復は48時間から72時間後を必要とします。

トレーニングの負荷の度合いによっても変わってきますが、筋肉痛の炎症が弱くなる時間とほぼ一致する事から、筋トレを再び始めるタイミングとして超回復の時間が目安になるでしょう。

また、トレーニングをした後にはストレッチをする事や栄養もしっかりと取る事が重要になります。

筋肉痛は可動域にも影響を与える

筋肉痛が起きるくらいに筋肉を追い込んだ時には、関節の可動域にも影響が出ます。負荷をかけて筋トレをしたら連続してトレーニングしようとしたところで普通は扱える負荷は下がっていきます。同時に可動域も狭くなっていきます。

これは体の反応としてはごく正常的です。筋トレをした後には筋肉の回復だけではなくて、可動域の回復も必要になるのです。

筋肉痛にならない事には筋肉は成長しないのか

筋肉痛になる事が無くても筋肉は成長してくれます。

筋肉痛は筋肉が成長しているわけではありません。筋肉痛は筋トレした後の一つの現象です。ですが、それだけの事で筋肉痛が無いと筋肉の成長が見込めない事はありません。筋肉トレーニングをして筋肉痛が起きない事には筋トレの意味があるのか、と不安になる人もいます。ですが、筋肉痛が起きないと筋トレの意味がないなどという事は無い事は知っておきましょう。

SNSでもご購読できます。